予防しているのに妊娠線ができるのはなぜ!?

■体質や遺伝も関係する
体質はそれぞれ違うので、妊婦さんによって肌質にも違いがありますから、妊娠線ができやすい人も入ればできない人もいます。

予防をしていないのに、産後に妊娠線ができなかったという人や、まめにクリームやオイルを塗ってケケアしていたのに、妊娠線ができてしまったという人もいます。

このように、遺伝や体質によってもそれぞれ違いがあるので、妊娠線の予防をしたからといって、絶対にできないというわけではないのです。

■体重が急に増えると妊娠線ができやすい
体重が急に増えると皮膚はそれについていけず、無理に引っ張られるため、皮下組織に亀裂が入ります。これが赤く妊娠線となります。妊娠中は、つわりなどで食生活が変わったり、運動不足で太りやすくなります。

妊婦さんになると、赤ちゃんの分まで食べなさい!と昔はいわれていましたが、今は妊娠中に体重を増やしすぎると、妊婦さんや赤ちゃんのリスクが高くなることがわかっているので、病院でも体重の指導があります。

妊娠線予防や赤ちゃんやママの体に負担をかけないためにも、妊娠中太りすぎないよう体重管理をしましょう。

■ホルモンバランスの変化により妊娠線ができやすい
赤ちゃんを妊娠すると、ホルモンバランスが変化し、コルチコステロイドというホルモンが増加します。このホルモンは、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)に働きかけるため、これも妊娠線ができやすい原因となるのです。

■妊婦さんは乾燥肌になりやすいため
特に妊娠初期では、つわりなどで食事ができなかったり、それとは反対に食べていないとだめだったり・・・栄養バランスが偏ったり、運動不足になることで便秘を引き起こしたり、肌荒れを引き起こしやすくなります。

潤いのない肌は柔軟性がないので、妊娠線ができやすいのです。

前駆陣痛がおこる時期や症状

妊娠後期の妊婦さんの画像

陣痛には、赤ちゃんを出産するときのものと、他に前駆陣痛という痛みがあります。

前駆陣痛がおこる時期は出産前で、痛みの強さや感覚はまだ規則的ではありません。前駆陣痛は、赤ちゃんの産まれてくる産道を柔らかくしたりして、赤ちゃんが産まれるために必要な準備です。

前駆陣痛は始まったからといって、すぐに本陣痛が始まるわけではありません。それには個人差もあるようで、臨月にい入る前に体験する人や、本陣痛の前に体験する人などさまざまですが、妊娠36~40週頃の臨月に入ってからおこる人がおおいようですね。

前駆陣痛の症状もそれぞれで、生理痛のような痛み、お腹のはりや腰痛などの症状が現れるようで、中には前駆陣痛に気付かなかったという妊婦さんもいるようです。

前駆陣痛があったからといって、すぐに産婦人科を受診する必要はありませんので、本陣痛が始まるのをまってくださいね。

ただし、お腹の張りがおさまらないときや破水やおしるしがあったとき、痛みが規則的で強いときは産婦人科に連絡してみてください。

痛みが弱いから微弱陣痛かもと思っても、規則的に痛みがあるなら産院に連絡してくださいね。

妊娠線予防クリームはいつから使えばいいの!?

sakuraさん / 20代

私が妊娠線クリームを塗りだしたのは、妊娠初期からです。もともと肌が乾燥しやすいので保湿のためにも塗ってました。

ですが妊娠線は、人によってケアしていてもできる人にはできるみたいです。急激に体重が増加したりすることでもできるので、体重管理には気を付けました。

けど、胸のところに少しできてしまいましたが…

でも、クリームを塗らないよりも塗ったほうが、妊娠線を予防する効果はあると思いますよ~

 

タマさん / 30代

私は妊娠11週頃からクリームを塗っていました。

妊娠線専用のものは値段が高いので、ニベアを一日2回ほど使ってました。安いのでたっぷり塗れました(笑)

妊娠線は全くできませんでした。

 

さえこさん / 20代

予防クリームはなるべく早い時期から塗ったほうがよいと思います。私はだいたい妊娠4ヶ月目頃から使っていました。

敏感肌なので、安いものは肌がかゆくなってダメでした。妊娠線を予防するには、肌に潤いを与えて保湿することが必要らしいです。

ですから、妊娠前から使っているボディークリームがある人は、それを使用したほうがよいと思います。

高い金額をだして妊娠線クリームを買っても、肌に合わなかったら無駄になりますから。。。