お宮参りのときの服装はどんなウェアがおすすめ?

記念に写真を撮るならずっと残るので、スーツやワンピースなどきちんとした服装がよいです。

お宮参りでは写真撮影会や食事会など、長時間赤ちゃんと外出することになります。外出している間、赤ちゃんに授乳をしなくてはいけません。

ですから、授乳が楽にできるワンピースなどの授乳服や、シャツなどボタンを外すだけで簡単に授乳できるような服装がおすすめです。

最近の授乳服は、見た目では全く授乳服ってわからないくらいおしゃれです。これから入園式など何かと改まった場に出席することもあるので、これを機会に1枚購入してもよいかもしれないですね。

妊婦服は絶対に必要なものなの!?

妊娠期間は短いので、できるだけ無駄のない買い物をしたいですが、お腹や腰回りがきついのに無理をして今までの洋服を着るのはよくありません。

無駄のない買い物をするために、マタニティウェアは上手な選び方をしましょう。

ワンピースやチュニックなどは、ふんわりとしたデザインなので、妊娠用でなくても着ることができるのでサイズが合う人は、わざわざ購入する必要はないです。

しかし、ボトムは普段履いているものだとお腹を締め付けてしまうので、できればマタニティ用のものに買いかえましょう。ズボンは、妊娠初期から後期まで対応しているものが多く、ぎりぎりで購入するよりも初期に購入して履くと、長期間使用できます。

マタニティウェアの購入を考えているママは、ワンピースがあると何かと重宝すると思います。それに無地の色を選べは、どんなシーンにも対応できるのでよいかと思います。

妊娠中に入学式や結婚式があるママも多く、わざわざフォーマルドレスを買わなくても、無地のマタニティワンピースが1枚あると、アクセサリーやコサージュを派手にするだけで華やかに見えます。

それに、普段着としても着ることができるので、無駄にならないですよね。

妊娠初期でもマタニティウェアを着てもよいの!?

妊娠初期はお腹は全くでていないけど、つわりがあったりなにかと体調を崩しやすいです。

つわりのひどさは人によって違いますが、とても辛いですよね。

妊娠初期は、できるだけ締め付けの少ない洋服や下着を着るようにしましょう。

マタニティ用のチュニックやワンピなどのトップスを、初期からマタニティ用にしなくてもよいですが、ズボンやブラ、ショーツなどは、マタニティ用でも構わないと思います。

楽な洋服でいることが、体にとっても赤ちゃんにとってもよいことですからね。

お腹が出ていないのに、マタニティ用のズボンを履くことに抵抗がある人は、マタニティ用のレギンスを購入して、持っているワンピースなどとコーデしてもよいと思います。

実際、二人目を妊娠されるママは、第一子妊娠時にボトムスで苦労をした経験から、また短期間しか履かず「こんなにラクだったら、もっと初期から履いておけばよかった!」という反省より、二人目ママはまず真っ先に、パンツやレギンスを揃える方が目立ちます。