妊娠線ができやすい妊婦さんはどんな人?

体重が急激に増えた場合
食べていないとムカムカする食いづわりや、妊娠中の運動不足で、体重が急に増加する妊婦さんもいます。

急激に体重が増えて太ってしまうと、皮膚がその変化においつかず無理に引っ張られます。そして、皮下組織に亀裂が入り、妊娠線ができてしまうのです。

小柄な妊婦さん
赤ちゃんはママの体が小さくても標準で育ちます。小柄なママは、お腹や周りなど皮膚は、普通体型のママよりも引っ張られるので、妊娠線はできやすいのです。

乾燥肌の人
水分不足の肌は潤いがないので、柔軟性がありません。妊娠したら栄養バランスが崩れたり、運動不足などで肌荒れしがちになります。

乾燥肌の人や乾燥が気になる人は、普段からクリームやオイルで皮膚に潤いを与え、保湿を心がけましょう。

年齢も関係する

年齢を重ねると血流も悪くなり代謝も落ちるので、自然と皮膚の張りや弾力はなくなります。乾燥肌や肌荒れは、年齢も関係しているのです。皮膚に潤いがなくなると、妊娠線もできやすいのです。

二人目以降の妊娠
お腹は、一人目のときに一度大きくなっているので、、二人目のときのほうがお腹も膨らみやすく大きくなります。一人目のときより、お腹の出る時期も早く大きさも大きいと感じる妊婦さんが多いようですね。

多胎妊娠(双子・三つ子)など
多胎妊娠は、胎児を一人育てるときよりお腹は大きくなります。そのぶん皮膚も急激に引っ張られ、妊娠線ができやすくなります。多胎妊娠をした場合は、なるべく早い時期から妊娠線のケアをしましょう。

2018年7月19日 妊娠線ができやすい妊婦さんはどんな人? はコメントを受け付けていません。 マタニティの基礎知識